中国の株下落防止策が思ったより効いた印象

昨日は下がったらロングで入りたいと思っていましたが、上海市場の連休明けの暴落を防ぐために中国政府は空売り禁止令と資金供給(日本円で約18.7兆円)を行って想定内の下落にとどめることに成功したように思います。 ただまだ下落する可能性が高いと思っていますので昨日の投稿の通りの買いポイントまで待ちたいと思います。 豪ドル円は待ちきれず72.7でショートしてしまいましたが1円ぐらいの下落を狙っています。

日経、SP500、豪ドル円の逆張りロングしてみる!!

思ったより1/31(金)のNY市場が弱かった印象です。日経のロングは朝10時頃に噴き上がってくれたおかげで売り抜けられました。現在ノーポジで2/3(月)の戦略ですが日経は 22580あたりSP500は3205あたり豪ドル円は71.77あたりきたらロングの予定です。 IMMシカゴ先物ポジションは偏りはないものの気になるのは豪ドルドルのショートポジションが8219枚増えているにも関らず上記の表にあるように日本の業者の豪ドルロングが増えています。 大きなお金を動かしているIMMに分があると思うので日本のロングポジションは切らされると予想し、豪ドルは下がると思っています。 一旦株が底打ちした場合にはドル円も反発することを考慮して豪ドルドルではなく豪ドル円をチョイスしました。 ちなみに豪ドルドルの反発ポイントは0.6638あたりだと考えています。

一旦、反発の日になります

一旦は株を中心に反発しましたが、まだ乱高下相場がしばらく続くと思ってます。 豪ドル円もポジションが少し整理されましたがターゲットにしてた72.7円に少し届かずの反発となり利食いに失敗しました💦 昨日日経先物22955円でロングした分を23500円手前あたりをターゲットで利食いたいと考えています。

FOMC期待が少しあったのか少し失望的な動き

昨日から豪ドルはショート目線でショートしてましたが、FOMC発表を受けて一旦戻してしまいました。 ただポジションの偏りがかなり気になってきました。 豪ドル円は昨日の安値を割り込めば72.7円あたりまで下げてもおかしくないと思っています。 今日も引き続き豪ドルショート戦略でいきます。

日経225先物以外は週明けのギャップ(窓)はほぼ埋めた

週明けからの株の下落も一旦落ち着き反発の動きになりました。 ただ日経だけやたら弱い動きなので日経は短期トレードで23500~23600あたりでショート予定です。 ポジションの偏りとしては豪ドルロングに偏っているので良いタイミングがあれば豪ドル円をショートしたいと考えてます。

SP500は最初のターゲット到達

世界的にリスクオフ相場になりました。 SP500は最初のターゲットに到達したので全て利益確定しました。まだしばらく調整相場だと思うので短期トレード中心でいきます。 ポジションの偏りはありませんが価格の動きの割には少し豪ドルロングが多いので含み損を抱えているプレイヤーが多い気がします。

株ですけどやっと思惑通りに下げてくれました(笑)

相変わらずポジションの偏りはありません。IMMシカゴ通貨先物にも偏りはありません。 ただ株は調整局面に入ってきたと思っています。 少なくとも2月中旬ぐらいまでは調整が継続するとみています。 今のところSP500の最初のターゲットは3240~3250で、 深い場合は3205~3210だと思っております。

早まってショートしたポジションは全戻し💦

更新遅れましたが、まさかの全戻しを喰らってしまいました。 本来のショート予定SP500は3335つけたので追加ショートしました。 為替ポジションの偏りは豪ドルロングが少し多いぐらいで、まだそこまでではありません。