パウエルFRB議長マイナス金利に否定的

パウエルFRB議長はマイナス金利の導入を考えていないと提言しました。トランプ大統領からの圧力が更にかかれば導入に向かう可能性はあるものの、実際にマイナス金利がそこまで効果があるのか、副作用も多いので導入する必要はないかもしれません。それよりも今後、相場を動かす材料になりそうなが米中対立です。各国で経済活動を再開する動きが始まるにつれて対中国政策に焦点があてられます。現在のポジションは日経を20360円でショートしています。今のところは19000円割れがターゲットになります。