米は経済活動の再開を示唆する発表がありそうな感じ

各国で感染拡大状況が違うわけですが、米はピークをつけたかもしれません。今日にも一部の州で外出規制の緩和を始める時期を発表する感じです。相場の方ですが株価指数は売りのポイントまで待っていましたが、力尽きてしまったのでしょうか。今後も基本的には売り目線でいきます。原油も20ドル割れで反発力も弱いのでまだ遠いのですが12ドルあたりまできたら買い下がる予定です。コーンは安値割って損切りになりました。現在のポジションはユーロポンドのショートのみになりました。

今日から各国の重要な経済指標が次々と発表されます。どんな反応をするのか注目です。

SP500は2940あたりまで戻ったらショートする予定でしたが、そろそろ届く位置まで上がってきました。日経は20700円までの戻りを見ていましたが、円高になったこともありSPとの乖離が出始めました。今夜は米3月小売売上高や鉱工業生産、ベージュブックなど経済指標が多くあります。アメリカはFRBが全力で金融商品を支えているのでショートはやりにくいんですがテクニカルに忠実にトレードしていきます。現在のポジションはユーロポンドのショート、コーン先物ロングとなっております。昨日の豪ドル円のように突発的にトレードした場合はできるだけツイッターで発信します。

イースター休暇と参加者減少で閑散商いとなりました

経済指標は明日から重要なものが出てきますが今日は材料は少ないものの日本の市場ではソフトバンクの1兆3500億の赤字の見通しを発表したことによる株価の動向が気になります。日経平均の寄与度も高い銘柄なので日経平均に大きく影響します。現在のポジションはユロドルのショートとコーンの先物をロングしています。ユロドルは0.86割れを狙っています。

日本の経済対策マジでしっかりしてください!

休業補償は申請した会社だけ60%、現金支給は生活保護以下にならないともらえない日本の株式市場はどう判断したらいいのか。自己申告しないと一切もらえない日本の経済対策。知らない人は死んでくださいということです。それでもメディアでは108兆円の事業規模の経済対策。1世帯30万円支給って、こういう詐欺的な数字を報道してしまうメディアも共犯なんですけど、実際に政府が真水で使う金額は16兆円。外国ではありえない税金の猶予金額とか貸付枠とかもともと決まっていた予算をかき集めて108兆円という数字を事業規模というあいまいな言葉で世界にアピールしてごまかしている。他国は実際に使う真水の金額を公表しているのに日本だけは全く関係ない予算も足して見栄えを良くしている💦30万円もらえるのは生活保護以下の収入になった世帯というとんでもない狭い一部の人にしか給付はされません。全国民に給付されるのは今のところ1世帯マスク2枚だけです。

相場のほうですがIMMの通貨先物ポジションのユーロドルのロングが増えてきました。そろそろユーロドルのショートを狙っていきます。すでにユーロポンドはショートしていますが、基本的にはユーロをショートするポジションを中心に考えています。

経済指標は異常値すぎて相場は反応できない

米新規失業保険申請件数が660.6万件という異常値でしたがFRBの経済対策を好感して米株は上昇しました。米の失業保険の給付金はかなり手厚いので特に申請者が多いと思います。通常の給付額+月額約26万円もらえるみたいでとんでもない金額がもらえます。今回の緊急対策の現金給付も富裕層を除く75%の国民が受け取れるみたいです。日本の現金給付は今の条件のままだと15%ぐらいの人しか受け取れないかと思います。日本はウイルスによる死者は少ないけど貧困による死者は世界一になりそうな気がします。相場の方は株価指数の戻り待ちで現在ユーロポンドをショートしています。理想のターゲットは0.857あたりを狙っています。

どうにでも動かせる相場になっています

株価指数も出来高が少なく上下に簡単に動かさせられる相場になっています。何かのニュースがあっても相場が上がるか下がるかには関係ない。AIがどっちにするか決めてるだけなので非常に難しくなっています。株価CFDは昨日のブログに書いた数値あたりまで上がってきたらショートするつもりですが、それまではスキャルピングのみです。

日経の上昇は経済対策事業規模108兆円に反応したのか

日経は大きく上昇して現在は調整中です。日本の経済対策は事業規模108兆円と言っていますが 条件が厳しすぎるので実質現金給付は10兆円ぐらいでしょうか、 中身がまだハッキリしていません。しかも受けられる人の条件はもうすでに生活していけないレベルの人に限られるような感じです。それなら1回限りの給付でこの人たちも助からないという、なんとも中途半端な内容になってます。株価指数は5月あたりから本格的な下落がくると予想していますがそれまではまだ上昇する余地があると思っています。日経は20700円 SP500は2940あたりまではあるかもしれないと思っています。それまでは短期トレードのみやっていきます。

強制力のない日本の緊急事態宣言。真水が気になる経済対策。

株価指数はやはり上昇に向かってしまいました。部分的にしか乗れませんでした。政府は今日には非常事態宣言を出すみたいですが気になるのは経済対策の内容です。事業規模108兆円と言っていますが、融資枠や波及効果の予想なども含まれていて、いかにごまかして少ない真水を大きく見せるかが今の政府の目的なので気をつけないといけません。相場のほうですが乗り損ねたのでまた今日もスキャのみの取引になりそうです。

緊急事態宣言が出される今週の相場

株価指数はもう少し下げてからの上昇を予想していましたが、このまま上昇の可能性もでてきたので少し様子を見ます。今週は政府が緊急事態宣言を発令することもあり、その後のマーケットの動きがどうなるか注目です。

ユーロドルのロングポジションが増えてきて気になっていましたが、このデータは3/31の終値データなのでその後の値動きから今現在は減っている可能性が高いので次のデータをもう一度確認したいと思います。

原油価格が反発で株価指数も上昇

株価指数は買いで待っていたポイントまでこないで上がってしまいました。こうなると難しいので基本は買いでいいとは思いますが今日はスキャルピングにしようと思います。今夜は米雇用統計がありますが、どんな結果が出てきても異常時の異常値なので相場はどちらにでも反応できるということであまり材料にはされないと思います。テクニカル分析が一番だと思います。