米雇用統計の結果を受けての今週の相場はどうなるか

米雇用統計の失業率が0.1ポイント悪化しました。そろそろ景気後退のサイクルが来るはずなんですけど、とにかく中央銀行バブルがどこまで延命するのかを探る展開が続いています。ポジションの偏りはIMMはユーロのショートが75080枚になってきました。 少しこのあたりから注視したいと思います。 国内のポジションは豪ドル円が下がっているにも関わらずロングが未だに多い状況が続いています。今は原油のロングを保有していますが、豪ドル円のショートも狙っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です